正社員より短時間の勤務

働く時間を調整できる

タクシー

法律では、一週間の労働時間が35時間以内の人をパートタイマーと規定しています。アルバイトも同様の意味で使われますが、アルバイトは学生に対して使われることが多く、パートは主婦に対して使われることが多い用語です。どちらも短時間勤務であることには変わりがありません。アルバイトの場合は雇用期間も短期を想定していることが多いですが、パートはアルバイトに比べて長期を想定していることが多く、アルバイトよりも勤務時間が長い場合が多いです。正社員の労働時間に比べて、主婦のパートタイムの労働時間は短時間または日数が少ないのが一般的です。週3日、4日という働き方や、子供が学校に行っている間だけという働き方ができ、自分の都合に合わせて働けることがメリットです。家事の合間の時間の有効活用ができます。主婦のパートの賃金は正社員よりは低いのが一般的で、長く勤務しても給料が上がったり、賞与をもらえることはあまりありません。勤務時間が決められているので、基本的に残業をしなくても良く、限られた時間内でしっかり働くことができます。仕事内容も、責任を負うような重い仕事は行わなくても良いので、ミスをしたとしても重大な責任問題になることは少ないです。仕事に重大な責任を負わされることが少ないため、休みなども比較的自由に取ることができます。特別な資格などが無くても働ける仕事も多いため、子育てなどで一度仕事を辞めた主婦でも、すぐ次の仕事を見つけやすいというメリットもあります。

熱意や真面目さをアピール

レディ

実直な人や正義感の強い人におすすめなのが、警備員という職業です。警察官のように強い権限は持たされていませんが、ビルやショッピングモール、イベント会場といった人の多い場所の安全を守るために欠かせない役割を担っています。はたから見ると、警備員はただ立っているだけの簡単な仕事のように思えるかもしれません。しかし実際には求められているスキルが多く、面接で合格するにはそれなりの準備が必要とされます。まずポイントとなるのが見た目です。警備という仕事をする以上、人に不思議がられる格好をしているわけにはいきません。見た目にも真面目である必要があるため、軽く見えるような格好で面接を受けるのはやめたほうが良いでしょう。社会人として信頼感を与えられるような見た目を意識しておくのがおすすめです。意外に重視されるのが志望動機です。警備員という仕事を任せる以上、軽々しい動機で応募してきた人間を採用したいと思うわけがありません。警備員の仕事がどんなものであるべきかしっかりとした考えを持っており、責任を持って遂行できる人材が求められます。これらを応募の動機として事前にまとめておくとよいでしょう。他の職業と違って、特定の資格を取得しているかどうかは問われません。それでも警備員に関する資格を持っていると、多少有利になるのは事実です。特に警備員として長く働き続ける意志があるなら、資格がある人間のほうが様々な場面に対応できると重宝されます。求められる資格もそれほど高い難易度のものは無いので、いくつか勉強して取得しておくと役立つかもしれません。

基礎から学べる

主婦

結婚すると家事や育児に充てる時間が必要になるため、これまでとは異なる働き方をしなければなりません。しかし、家族で生活するので独身時代よりも生活するために必要な資金は多くなります。また、子供が産まれるとさらに負担は増加するため、いずれは働いてお金を稼ぐ必要があります。ただし、家事や育児をするための時間を確保しながらの労働になるので、子供が小さいうちは正社員で働くことは難しいです。また、ブランクがある状態でいきなり正社員で働くのは能力的に厳しい場合があります。そのため、主婦はパートから働き始めることをおすすめします。パートの仕事は初心者でも応募可能な求人が多い点が特徴的です。未経験者可能や歓迎という求人が充実しているため、ブランクがある場合や初めて働く場合でも安心して勤務できます。また、主婦向けのパートの求人は家事の経験を活かせるものが多数存在しています。たとえば、スーパーでパートとして品出しの仕事を担当する時は、整理整頓の経験があれば効率的に商品を補充可能です。また、畜産や水産といった部門で働く時は調理の経験があれば仕事を覚えやすいです。クリーニング店の受付の仕事をする際は、自宅での洗濯の経験が仕事で役立ちます。経験者の方が採用されやすい傾向はありますが、未経験でも基礎から学べる環境にあるため、主婦のパートはメリットの多い選択肢と言えます。主婦向けのパートの求人は仕事内容だけではなく、時給や出勤日、勤務地なども重視することが大切です。